ここはGUNZで活動する、エロ優しいAngelic-rayの日記です。多分・・。
プロフィール

Angelic-ray

Author:Angelic-ray
22歳♂ 3月31日 牡羊座
社会人 新聞屋の後継ぎ。
日々強く生きていけたらいいな
メッセ↓
angelic-ray@hotmail.co.jp
登録の際はブログで一声かけて下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
移転しました。
テンプレは同じなので、お間違えの無いようにb
http://angelic000.blog122.fc2.com/
スポンサーサイト
「こちら秋ノ雪、目標はメインストリートに向かって逃走中、
 このままいけば、こちらの作戦通りになりそうだよ、レイ。」
「了解、レプ、聞こえるか?」
「感度良好、ばっちり聞こえるぜ。」
「目標は予定通りのルートで逃走中。姿を確認次第、よろしく。」
「了解。」
「レオ、そっちはどう?。」
「聞こえてるぞ、レイ。」
「目標は予定通り。レプに限って失敗は無いと思うけど、
 目標の能力は未知数、万が一のためにいつでもフォローできるようにしておいて。」
「あぃよ、このまま待機を続ける。・・・っと、レイ。」
「うん?」
「できれば、2分時間を・・」
「却下、そんな時間あるわけないだろ。」
「了解、諦める。」

 ・・たく、作戦中に2分AFKとか何考えてるんだ。

「こちら秋ノ雪、レプ、聞こえますか?どうぞ。」
「あっきー、聞こえるぞ。」
「目標が・・」
「おk、確認した。これより作戦「いつもの君でいて」に入る。
 俺に限って失敗することは無いと思うが、レオ、フォローよろしく。」
「こちら、レオ、2分じかn(ry」
『却下!』

 ・・・・・

時計の針が午前2時を刺している。
「マストゥァアアアアアアアア!」
街のはずれにある小さなショットバーに、レプの怒声が響き渡る。
レプは扉をドカッ!と蹴っ飛ばし、俺につめよった。
「どーして俺に追わせなかったんだ!?あの位置からなら十分間に合ったぞ!?」
「あのままだと、一般市民に被害が出る可能性があった。それだけだ。」

冷静に俺が言い放つと、それがレプを逆撫でしたのか、更に俺につめよった。

「いーや、俺なら間に合った。だいたい、今のBJの状況を考えてみろよ?
 今回の獲物さえ捕まえれば、今月は仕事無くても生活できたんだぜ!?」
「そりゃあ、確かにな?今月は依頼も少ないし、生活も苦しい、
 店も繁盛してない。今回の獲物はどうしても捕まえたかった。」
「なら、どうして追わせなかったんだ!?って言ってるだろ!?」

見るに見かねたあっきーが、はぁ・・っとため息をついて、俺とレプの間に入ってくる。

「まぁまぁ、レプ、落ち着いて。」
「これが落ち着いていられるかYO!」
「いいからいいから。」

あっきーが無理矢理レプを椅子座らせる。
こういう時のあっきーほど頼りになるものはない。
そして優しい口調で、レプに話し始めた。

「いいか?レプ。」
「よくないぞ、あっきー。」
「レプなら、昼間の人がごった返したメインストリートでも
 しっかりと目標を捕らえることが出来たと思う。」

不愉快なレプを尻目にあっきーは話を続ける。
あっきーはよく解っているのだ。
レプを刺激しないように、そしてマシンガントークを阻止する。
レプは一度喋りだすと止まらないからのぅ。

「逆に目標はどうだ?いくらレプの腕が良くても、 目標が市民に危害を加えたら、意味がないよな。
更に言えば、人質にしたり、最悪目の前で一般市民が殺される可能性だって
 無いとは言い切れない。そうじゃないか?」

うむ。あっきーは俺の言いたいことをしっかりレプに伝えている。
どーも俺は熱くなると、上手く言いたいことがまとめられないんだよな・・。

「あぁぁああああ、ワカッタワカッタ俺が悪いんだろ?な?
 悪かった、ごめんなさい。これでいいだろ?」

いつも通りの展開だ。
レプはここらではかなりの腕利きとして名を馳せている。
確かに目の前に一般市民が100人いたとしても、その間を縫って
目標をしっかり捕らえるだろう。
まぁ、有名人って何か一つ問題があるのは、昔から決まっていることだな。
そんなことを考えていると、ウィスキーを調達してきたレオがレプの隣に座る。

「まぁ、レプ。」
「ナンダヨ?」
「2分だけ時間を取ることをおすすm(ry」
「トラネーヨ。」

レオも相変わらずだ。
2分だけ時間をくれというのは、レオの口癖で、何かにつけて2分という時間を要求したり、
勧めたりする。
奇妙なクセだよな・・

そんなこんなで今日一日が終わるのであった。


とまぁ、ちょっと走り書き程度にBJ小説を書いてみました。
全くもって駄作なので、苦情は一切受付けません。
レプが挿絵を担当するとか言ってたのを覚えているので
ヤツにペンタブでもプレゼントしてやろうかと思ったりもしていたりw

てことで、これからチョクチョク書いていけたらいいなーって思ってます。
でゎでゎ。


 

テーマ:GunzOnline - ジャンル:オンラインゲーム

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。